09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難しいけど・・・考えてみた

こちらでもリンクさせてもらっている、あるブログで
地域猫のことを論議?されていました。


私が住んでいる地域には
野良にゃんなのか家猫なのかわからない子が
少しばかりいます。

と言うのも、田舎なもので
飼っていても放し飼いだったり
野良にゃんに餌をやっているからと言って
ご近所で非難する人もいないからだと思います。

田畑が広がっているからか
猫の糞被害も聞いたことがありません。

猫屋敷があるのを耳にしたことはあるんですけど
そこのおばさんが猫おばさんと言われているだけで
これもまた非難されている風ではありません。
(ウチの親父は猫嫌いですが
 たくさんの猫たちの顔を覚えていて
 よその子まで慣れさせてしまうこの猫おばさんを
 すごい!と感心していました。)


もしかすると、猿や猪、熊などの被害の方が甚大で
猫のような地域に密着した動物は相手にされていないのかな?
それとも私が知らないだけなのかな?


私はこういった環境に住んでいるため
逆に多頭飼育崩壊だとか、保護すべき動物がいることの方が
不思議で仕方ありませんでした。

こうして我が家に猫がやってきてから
あちこち検索をするようになって初めて知ったのですから。


そして、いざ我が家ににゃんこが来て
金銭的なことやお世話のことをほんの少し知ってみると
ボランティアで活動されている人たちには
本当に頭が上がらない気持ちでいっぱいになりました。

頑張って活動されている人たちは
褒められこそすれ、人から非難される人間ではないと思います。


でも・・・

残念なことにそのブログでは
批判と取れるコメントが残されていたのでした。


人間は、その立場にないと理解できないものです。

自分が正しいと信じて歩いている道を
人から違うと言われたら、反論もしたくなります。


中学時代に観た映画に『愛は霧のかなたに』と言うノンフィクションがありました。
実在の人物は、ゴリラ保護に心血を注ぎ
最後には暗殺されてしまいました。

論議が繰り広げられているブログを見て
この映画が頭に浮かびました。

主人公はゴリラを愛するあまり、
ゴリラを害する人間に対して攻撃的になっていました。
それで反感を買ったとしても
殺されるまでなるとは・・・


今回の批判コメントも一方的な感じが否めないように思います。
もし真剣に地域猫のお世話されているのであれば
その言葉はもっと、こちらにも伝わってくるように思います。

もし荒らしなのであれば、これほど最低なものはないでしょう!
骨身を削って猫たちの保護・お世話されているのに
更に貴重な時間を荒らしに使う必要がどこにあるでしょう。
当事者でなくても、憤りを感じます。


言葉の暴力は本当にあると思います。
気持ちが真剣であれば、伝わる言葉もあると思います。

人を攻撃したり、揚げ足を取るような真似ではなく
より良くしたいがための熱い議論なら
いくらでも話は広がることでしょう。

まずは、自分の気持ちがどこにあるかから
始めたらどうなんでしょうね~



・・と、ブログにコメントを残すには自信がなかったもんで
こちらで悪い頭をまとめながら
だらだらと書いてみたのでした。

ピケ
悪い頭とは情けない・・

ラン
慣れへんことはやめときなはれ~

にゃんずを見てると
『平和が1番!』 とつくづく思いますね。

スポンサーサイト
Secret

My Site

動物の飼い主募集
クリック募金
支援情報
SOSリンク集です

~peaceful~

プロフィール

静流

Author:静流

生息地
湖のほとり

家族構成
旦那&娘


ピケ♂ 2006年春生誕
2006年10月に我が家へ

元野良猫
ママ猫が虐待らしき傷を負い
妹猫と一緒に保護される


ラン♀ 2004年生誕
2007年3月に我が家へ
110匹以上に膨れ上がった
多頭飼育家庭から保護される

  • 管理画面
  • カテゴリ

    お気に入り猫blog

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード

    QR

    SOS







    子ども虐待防止「オレンジリボン運動」













    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。